予算別にトロフィーを紹介します

トロフィーはイベントの勝利者やスポーツ大会の優勝者などに贈るものとして、現在でもとても人気があります。一口にトロフィーといっても、形や色、大きさ、重さなどで実にさまざまなものがあります。最近は、デザイン性を重視したおしゃれなものもよく使われています。大きくて豪華なものもあれば、小さくて持ちやすく、おしゃれなデザインのものもあります。イベントなどでは予算も重要なポイントになるので、これを贈るとなれば予算に合ったものを考えなくてはなりません。一般的に、大きいものやデザイン性があるものほど価格が高くなってきます。予算別にどのようなものがあるのかをしっかり把握して、どのような場合に使うものかをはっきりさせておいたほうが、いざ購入という場合にスムーズにいくでしょう。

トロフィーは大きさと価格で見比べた方がよい

購入する場合、このようなイベント関係のものを扱う業者から購入することになります。さまざまな業者がこれを販売していますが、高さで価格を変えているところが多くなっています。しかし業者によって価格の設定はまちまちで、たとえば高さが25㎝で1800円、50㎝は3000円、65㎝なら4000円のところもあれば、高さが45㎝で2800円、1mだと11000円というところもあり、価格は一定していません。しかし、高さが価格を決める基準になっているところが多いので、覚えておくとよいでしょう。また、これを1位だけに贈るという方針であれば、少々値の張るものでもよいでしょうが、2位や3位にも同時に贈りたいというのであれば、大きさと価格をよく見比べることが大事なポイントです。

トロフィーのデザイン性と価格について

材質とデザインも価格に大きく影響します。普通使われるものにはアクリルやプラスチックなどが多くなっていますが、この材質なら何千円という予算で済むことが多いでしょう。しかし、金や銀を使ったものになると数万円から数十万円という費用がかかります。イベントやスポーツ大会などで使うものであれば、アクリル製のもので十分でしょう。このようなものなら数千円から、またオーダーメイドにしても1万円程度で済みます。また形によっても価格は左右されます。盾状のものは比較的リーズナブルで、少々多く注文しても、予算と照らし合わせておけば大丈夫でしょう。最近は、ガラスにレーザー加工がされたものに人気が集まっていますが、価格的には少々高くなります。しかし、見た目の美しさと、レーザー加工の文字の独特な印象が人気の秘密になっており、印象的なものを贈りたいという考えならば、このようなタイプのものもおすすめです。